2016/10 クローン病治療・22ヶ月目

10/19、いつもの漢方クリニックで血液検査をしたら、CRP 0.14、リンパ球 34.4%といい感じでした。今回も中性脂肪が451もあるのが困りものですが、、フェリチン定量や鉄の値がだいぶ改善していたので、引き続き経過を楽しみにしたいと思います。

今回の処方は以下。

・真武湯
・補中益気湯
・ボレイ末
・フェルムカプセル(鉄剤)
・フラジール

急に寒くなり冷え起因での下痢が多いので真武湯を再開。ついでに滋養強壮に補中益気湯をリクエスト。あとはストレスの多い時の為に頓服薬としてボレイ末。漢方薬はマイナーチェンジしたくらいです。

そして今回、お腹の張りを改善したくて、松本医院を参考にフラジールをリクエストしました。最初は「いい菌も殺してしまうから勧めない」と断られましたが、自分なりにちゃんと調べていることが通じたのか、やらないよりはやりたいから二週間くらい試してみたいんですよねーとやんわり伝えると、帰り間際に(笑)OKしてくれました。

フラジールはクローン病に使われる抗生物質のひとつではあるけれども、そっちの研究結果は松本医院で適用としている症状とは違うから、ガス対策でフラジールというのは普通の医者には通じないのは仕方ない。ちなみにフラジールは飲酒厳禁だそうで、お酒を飲むと気持ち悪くなるそうです。もともとあまり飲まないけど気を付けないと。

10/25、横浜でもらった紹介状を持って大学病院へ行きました。去年の夏、オペしたいと何度お願いしても首を縦に振ってくれず、結局横浜私立市民病院へ紹介状を書いてくれた消化器内科の先生と一年以上ぶりの再開。

まずは経過報告と現状(鍼と鉄剤だけ)をざっくり伝え、これまでの血液検査の経過を見せる。「数値上は正常ですね」と、自分と同じ見解。高すぎる中性脂肪には首をかしげてたけども、、実際に良くなってるのかカメラで見て欲しいとお願いすると、12月初旬にバルーン内視鏡検査とMRIをすることに決定。

MRIは「ざっくりしかわからないかもしれないけど一応いいですか?」と。この先生の研究課題だから協力してあげましょう。ちなみに横浜の先生も、ここの内視鏡検査担当の先生は上手いと言っていました。検査を見たことは無いだろうけど(笑)提供される画像データでそう言ってるのかな?

紹介状にどんなことが書き添えてあるのかは知らないけど、たぶん潰瘍は治っちゃってると思っている自分とは逆で、「これでまた進行してたらそこで考えましょう。小腸も30cmしか切ってないみたいだから、もうオペできないってこともないし」と、まぁたまたま何もしなくても数値が良くて楽観してる痛い患者としか思われてないんだろうけど、実際の言葉の選び方などから普通に優しい先生なんだろうなと再認識。

詳しくは覚えてないけど、患部にピンポイントで作用して副作用が少ない新しいステロイド内服薬が近々出るらしいので、長く使うのは良くないとしても(ステロイド絶対拒否のあなたでも)プレドニンなんかよりは受け入れやすいでしょう、みたいなことも言ってました。

その他、先生からの質問は「青黛はまだ飲んでますか?」と。オペ直前まで飲み続けたけど全く小腸に貼り付いてなかったから、小腸の絨毛にはくっつかないみたいですねーと伝えると「青黛は潰瘍性大腸炎ですからねー」と。この先生は以前からCDとUCを完全に別物と捉えてる節がある。青黛はUCの大腸にだけ効いて、CDの大腸に効かないという結果があるのなら知りたいもんですね。

この日は診察後に採血だったので結果はわからず。帰りは神保町まで歩いて老舗のボンディでカレーを食べてから帰宅。美味しかったけどちょっと高い。。

最近の生活の変化としては、ひとまず実家暮らしを続けていますが、駅前のジムに入会しました。まだ3回しか利用してないけど、、自分は完全にパソコン仕事なのでたまには運動はすべきだなーと。そういえば松本医院のWEBには治療段階では運動は勧めないとありましたね。ただ、ポジティブな気持ちと体調に合わせてか、病気になる前にしていた運動を再開したという人もよく見かけるので、激しくなければ問題ないんじゃないかと思っています。

しかし寒くなってきたので冷え性が本当に辛く、酷い時は一日に5回以上トイレに駆け込んで下痢していますが(ギリギリも多々)、、弱い足とお腹をしっかり対処しておくと普通に快便に戻るので、完全に冷えでしょうね。仕方なくまた健康サンダルを多めに履くようにしました。ツルツルだった足の裏はすっかり硬くなってしまい悲しいですが、正直、鍼灸院よりも確実に効果を実感できて(笑)自分の冷えには足つぼが一番いいみたいです。

そんなわけで、今後の個人的に大きなトピックとしては年内にカメラで見た検査結果がわかるということですね。あとは(悪化していない限り)このサイトをもう少しいいものにしたいなと思っています。なるべく根拠や情報元を併記しながら論理的に紹介しつつ、自分の近況も隠さずに載せて続けたいんですが、どこまでできるか。。

コメントを残す